読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東北シクロクロスシリーズ 2016 第2戦郡山ラウンド(Shuntaro)

シクロクロス レポート レース Shuntaro

f:id:dorokid-tsukuba:20161229233432j:plain

Photo by 阿部昌一さん

 

日: 2016年12月25日(日)

大会名: 東北シクロクロスシリーズ 2016 第2戦郡山ラウンド

会場: 郡山市大槻公園

天候: 晴時々小雪

結果: CK1(小学1~3年生)3位

レース: ショートコース2周

 

f:id:dorokid-tsukuba:20161229234039j:plain

Photo by 積田高治さん 
なぜ舌を出しているのか本人に聞いたが判然とせず。。。

 

レース内容: 

・スタートは高学年が並んだ後ろに低学年が並んで、同時スタートだった。

・低学年の2列目になるかと思ったけど、ギリギリ1列目だった。斜め前が高学年クラスのAIBEのHちゃんだったので、絶対に速いし詰まることはなさそうでラッキーだと思った。

 

・スタートはうまくタイミングがあった。スタート舗装路の後、コースに入った時は低学年では3年のKくんに続いて2番手だった。

f:id:dorokid-tsukuba:20161229233928j:plain

Photo by 積田高治さん 

・泥区間は、轍を使って走った。自分のタイヤよりもずっと太いタイヤの轍がアウト側にあったから、それを使った。

・泥区間に入る前に加速をすることはできた。

・でも泥区間で1人抜かれて、ゼッケンを見たら131のKくんの番号より後ろの子だったから、同じクラスだし、ヤバイと思って追いかけた。

f:id:dorokid-tsukuba:20161229234352j:plain

Photo by 阿部昌一さん

 

・前の子(後で3年生のYくんってわかったけど)とは泥区間では離れるけど、泥以外の平地では追いつけるのがわかった。2周目に入った時は2人パックだった。 

・Yくんに泥区間は離されたけど、平地では追いつけるように”がんばるギア”とかも使って追いついた。2周目はずっと一緒だった。

 

・林間区間で周回遅れの子をパスする時に、Yくんがアウトから行ったけど、インが空いていて抜いても接触しないと思ったから、インから行った。周回遅れの子をパスした時にタイミングとしてはYくんの前に出れそうだったけど、目の前に(コースの)杭が出てきてぶつかりそうになって、タイミングが合わなかった。Yくんと周回遅れの子が先に行くまで待つことになった。残念だった。

f:id:dorokid-tsukuba:20161229234514j:plain

Photo by 積田高治さん 

 

・ゴールのストレートに入った時に、Yくんが動いたからゴールスプリントに入った。(別の)周回遅れの子をパスしなきゃいけなかったし、必死で回したけど刺しきれなかった。

f:id:dorokid-tsukuba:20161229234712j:plain

Photo by 阿部昌一さん

CK1の2位争いのデッドヒートの直前に、ゴール前で高学年クラスの5位争いの大きな落車があった。ゴールから結構離れたところにいてもかなりの緊張が走ったその最中に、2人がゴールスプリント。

 

今後の課題:

・ラストスパートは、もう少し早く、自分で仕掛ける必要があった。”たら”とか”れば”だけど、もっと早く仕掛けていたらYくんに勝てたと思った。レース中にも”たら”とか”れば”だらけだし、それが悔しい。

f:id:dorokid-tsukuba:20161229234819j:plain

Photo by 積田高治さん 

 

感想:

・試走の時にスドーマン先生が、キッズコースを2周一緒に走ってくださって、泥のカーブの曲がり方とか、いろんなことをたくさん教えていただいた。とても嬉しかったし、頑張ろうって思った。だから、2位争いに負けたのは本当に悔しかった。

f:id:dorokid-tsukuba:20161230000410j:plain

Photo by 阿部昌一さん

 f:id:dorokid-tsukuba:20161230214202j:image

レースシートを書きながら「自分にも結果にも全然満足してないんだよ。だから今回は、"がんばれたこと" じゃなくて、"はんせい"を書くよ」だそうで。

 

 

※本人へのヒアリングにより作成

 

★Special Thanks★

お写真は、積田高治さん、阿部昌一さんからいただきました。ありがとうございました!